ヨガを始めるのに必須!おすすめのヨガマット10選

ヨガは、若い女性はもちろん年配の方まで幅広く始めることができる趣味といえます。

ヨガを継続して行うことで、美容や健康効果を享受することができます。

ただ始めるにあたり、どのようにヨガマットを選べばいいのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

そこで、ここからはおすすめのヨガマットを紹介していきます。

ポイントを押さえて選ぶ!ヨガマット

たくさんの種類があるヨガマットのなかで、なにを基準に選べばいいのか迷っている方も多いかと思います。

本記事では、商品ごとに以下の3つの観点で★1から★5まで評価を行いました。

評価観点

評価基準

  • [機能性] クッション性、軽量など
  • [人気] レビュー評価や売れ筋ランキング
  • [コスパ] 価格(安い)と性能のバランスはどうか

どの観点を重視するかであなたに最適なヨガマットが分かるかと思いますので、是非参考にしてみてください。

ヨガを始めるのに必須!おすすめのヨガマット10選

軽量で持ち運びが楽々行えます!「LICLI ヨガマット」

ここがポイント!

  • 特殊エンボス加工が施されているので、運動時も全く滑らない
  • クッション性に優れているので体に負担にならない
  • パープル、ピンク、ブルー、グレーとカラー展開が豊富
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

厚み10mmの極厚のヨガマット「BeaBo(ビーボ) ヨガマット」

ここがポイント!

  • 面積が大きいので、ヨガはもちろん筋トレやエクササイズなどにおすすめ
  • 高密度の高級NBR素材でできているので、防音性、クッション性、耐久性に優れている
  • 表面は凹凸加工なのでベタつかず快適な使用感
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

軽量サイズなので持ち運びがとても便利「Reodoeer ヨガマット」

ここがポイント!

  • 10mmの厚みがあるので、ヨガ時に膝や腰への負担を軽減できる
  • クッション性が抜群で衝撃をしっかり吸収
  • 体に直接触れるため安心素材のみを使用
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

ピンク、レッドなど豊富な8色展開「GronG(グロング) ヨガマット」

ここがポイント!

  • クッション性が高いので、膝や腰への痛みや負担を軽減
  • 1830mmというロングサイズなので、どんなポーズでも安心して行える
  • 持ち運びに便利なメッシュケース付き
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

肌にとても優しいマット!「Gruper ヨガマット」

ここがポイント!

  • 無毒無臭の無害TPE材料で作られているため、身体にも環境にも良い
  • 滑り止め能力が抜群なので、汗をかいても安全にヨガが楽しめる
  • カラフルなカラー展開
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

形状記憶素材で丸まりにくい特性!「Active Winner ヨガマット」

ここがポイント!

  • 伸びや裂けに強い素材なので、長期の利用が可能
  • ストラップ付きなので持ち運びが楽々
  • 有害物質を一切含まれてないので、マット特有のニオイが少なく快適に使用可能
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

高いクッション性!「YUREN メンズ用 トレーニングマット」

ここがポイント!

  • 表面は防水加工なのでお手入れが簡単
  • 厚さ15mmと弾力性があるので、膝や腰などの負担を軽減
  • 床の温度が伝わりにくいために体の冷えを軽減可能
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

安全基準をクリアした素材が魅力「inFIT ヨガマット」

ここがポイント!

  • ヨガに集中できる落ち着いたブラックカラー
  • ヨガはもちろんストレッチポール、腹筋ローラーなど幅広いトレーニングに使用可能
  • ポリエステルメッシュ素材なので、裂けに強い仕様
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

衝撃をすぐに吸収できる高い弾力性!「PURE RISE(ピュアライズ) ヨガマット」

ここがポイント!

  • 水に強い素材なので汗をかいてもすぐ拭き取り可能
  • 厚さ10mmなので、フローリングなど床が固くても痛くならない
  • 専用ケースで持ち運び簡単
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

エコで環境に優しい素材を使用「Trideer ヨガマット」

ここがポイント!

  • 両面波型加工で、摩擦力に優れている
  • 表面は防水加工となっているので、常温の清水で拭くだけで良く、お手入れが可能
  • 高密度加工が施されているので、マットを押してもすぐに元に戻る
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

ヨガマット Amazon公式ランキングも要チェック!

Amazonが独自集計したヨガマットの売れ筋ランキングも要チェックです。

自分にあったヨガマットを使いましょう!

ヨガは長時間かけて体を動かすために、気づかないうちに腰や膝などに大きな負担がかかっています。

そうした時に、クッション性のあるヨガマットは安全にヨガを楽しむ上で不可欠な存在といえるでしょう。

一口にヨガマットといっても様々な種類があるので、紹介した内容を参考に自分に合うものを購入することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA