【2020】フィットネスやトレーニングに最適!トレーニングベルトおすすめ9選

トレーニングを行うときに便利なのがトレーニングベルトです。

腰部分や体に着用をすると怪我を防止し効率よく体を鍛えることができます。

販売されているトレーニングベルトの数は多く、それぞれの商品によって特徴も違います。

ここではおすすめのトレーニングベルトを9個紹介するので、トレーニングベルトを購入予定の方は知っておくと便利です。

ポイントを押さえて選ぶ!あなたのトレーニングベルト

たくさんの種類があるトレーニングベルトのなかで、なにを基準に選べばいいのか迷っている方も多いかと思います。

本記事では、商品ごとに以下の3つの観点で★1から★5まで評価を行いました。

評価観点

評価基準

  • [機能性] 独自の機能や使いやすさなど
  • [人気] レビュー評価や売れ筋ランキング
  • [コスパ] 価格(安い)と性能のバランスはどうか

どの観点を重視するかであなたに最適なトレーニングベルトが分かるかと思いますので、是非参考にしてみてください。

効果的なトレーニングができるトレーニングベルトおすすめ9選

本革を使用した高品質なベルト!「EasyJoy 本革ウエイトリフティングベルト」

ここがポイント!

  • 本革ならではの耐久性の高さが売り
  • 利用者のウエストのサイズに合わせて10段階調整できるスグレモノ
  • 金具部分はステンレススチールを使用して錆びに強いのがメリット!
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

折りたたんで持ち運びもできるツール「Schiek リフティングベルト 4004」

ここがポイント!

  • ベルトの締付け具合を調整できるベルクロ使用で快適に着脱できる
  • Schiek社製のベルトを使用しているのでしっかり体にフィット
  • 下背部にパッドを付けているので腰などの安定性がアップ
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

一流アスリートと共同開発したベルト「ハービンジャー トレーニングベルト フォームコアベルト」

ここがポイント!

  • ステンレスローラーバックルとベルクロにより細かい調整が可能
  • 肌触りの良いトリコット生地によりを使い心地が優れている
  • 軽量発泡フォームパッドによってウエストをサポート
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

優れた素材を使ったベルト「king2ring トレーニングべルト pk770」

ここがポイント!

  • 型崩れを気にせず利用できる形状記憶素材を採用しており長期間が使える
  • サイズレンジが多くレディースからメンズまで利用可能
  • 腹圧を逃さない2重のベルクロ使用
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

高級4層構造の本革使用が魅力「Blue-Ra リフティングベルト」

ここがポイント!

  • ワンタッチで着脱できる便利な構造で快適にトレーニングを行える
  • ベルトの表裏はスウェード仕様で滑りにくくフィット感がアップ!
  • 腰痛などの怪我を防止する構造で安心
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

男女兼用で多くの方が利用可能!「MIZUNO(ミズノ) ウエイトジャケット C3JWT41900」

ここがポイント!

  • ジャケットタイプのベルトでフィット感は抜群
  • 貴重品を収納できるポケット付きでトレーニング中に持ち物をなくす心配がない
  • 着用するだけで脂肪燃焼や筋力アップが可能
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

珍しいカラーリングが魅力!「Veroman トレーニングベルト」

ここがポイント!

  • ピンクやホワイトなど女性も違和感なく使えるデザイン
  • スクワットやデッドリフトなど多くのトレーニングに活用できる
  • 怪我のリスクを抑えるサポート力を持つ
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

驚異の10Kgベスト!「BODY RAJA パワーウェイトベスト」

ここがポイント!

  • 素材にネオプレンや鉄と砂を使用しているので重量があり効率よく体を鍛えられる
  • 専用の設計を行い体へのホールド感が高くトレーニング効果を期待できる
  • スマホをベストに装備してトレーニングをすることが可能
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

筋トレに適した強固な牛革仕様「Overmont トレーニングベルト」

ここがポイント!

  • 表面の高級牛革に加えて内部の分厚いパッドにより強靭かつ体への負担を軽減
  • 腰を安定させて怪我を予防することができる優れたベルト
  • 1年間の安心保証が付帯するので保証のないベルトよりも末永く利用できるおすすめ商品
評価観点 点数
機能性
人気
コスパ

トレーニングベルト Amazon公式ランキングも要チェック!

Amazonが独自集計したトレーニングベルトの売れ筋ランキングも要チェックです。

最後に

トレーニングベルトは数多くあります。

リフティングやデッドリフトなどを行うときは腰に装着するベルトタイプの商品を購入しましょう。

同時に上半身も鍛えたいときにはベストやジャケットタイプの商品を購入するのがおすすめです。

どの商品もフィット感を増して怪我を防止する役割を持っているので購入して損はない商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA